電話受付

検診をご希望の方

0120-983-0739:00~17:30

医療機関の方

04-2930-85059:00~19:00(土日祝17:30)

開院時間

9:00-21:00(土日祝18:00)

院内見学・資料請求

当院では、随時、院内見学を承っております。
実際の検査の流れや機器のご説明をさせていただきますので、
医療機関の方々や健康保険組合(事業所)のご担当者様は、是非この機会に御覧いただければ幸いです。
平日及び土日祝日の見学も可能です。

院内見学及び資料請求をご希望の方は、お電話または問い合わせフォームから連絡をお願いいたします。

電話受付 03-5315-0507(平日9時~19時 土日祝9時~17時30分)

お問い合わせ

医療法人 永仁会 Seeds Clinic 新宿三丁目

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目5-6
キュープラザ新宿三丁目3F

プライバシーポリシー(個人情報の利用目的)

友だち追加

友だち追加

電話受付

検診をご希望の方

0120-983-0739:00~17:30

医療機関の方

04-2930-85059:00~19:00(土日祝17:30)

開院時間

9:00-21:00(土日祝18:00)

当クリニックについて

画像診断に専門特化、一般診療は行わない

地域診療連携における一検査部門としての役割を担い、共同利用型施設として機能することで、それぞれの医療機関が多大な投資と経営リスクを負うことなく、地域医療水準の向上に貢献します。

最先端の画像診断装置

「がん」「心疾患」「脳血管疾患」など、命に関わる病気ほど、自覚症状がないまま進行してしまうケースが多く、早期発見が何よりも重要となります。
当クリニックは、小さな病変を見逃さないことを第一に、最新の画像診断装置を導入し、検査時間の短さより撮影画像のクオリティを最重視しております。
受診者様お一人お一人にあわせた丁寧で、信頼いただける検査をお約束いたします。

スタッフが充実

最先端の医療機器は、従来の機器と比べて明らかに高性能ですが、その装置で撮影するだけで診断が終わるわけではありません。撮影した画像を読影する医師の力量が非常に重要です。
見逃しを防ぐための二重チェックは、放射線診断専門医が行い、診断レポートを作成いたします。

女性にやさしいクリニック

女性向けの検診では、痛みや被ばくの少ない検査を行っています。
また、ショッピングなど、検査後にお出かけされる方のためにパウダールームを設置しています。

多忙な方でも受診しやすい営業時間

駅直結で平日は21時まで営業しているので、多忙な方でも無理なく受診いただけます。
地下鉄は東京メトロ丸ノ内線・副都心線、都営地下鉄新宿線をご利用いただけます。
※土日祝日も18時まで営業しております。

サービス業であること

スタッフの接遇に対する意識は、常にサービス業であることです。医療従事者としての研鑽だけでなく、人に向き合う仕事としてコミュニケーションを大切にします。

交通の利便性

当クリニックは、新宿三丁目駅 E3出口直結になりますので、天候が悪い日でも雨に濡れずにご来院いただけます。
東京メトロ丸ノ内線・副都心線、都営地下鉄新宿線が乗り入れております。

MRI検査

MRI検査

【装置】
3.0テスラMRI ・・・ PHILIPS社製 Ingenia 3.0T CX:2台
1.5テスラMRI ・・・ PHILIPS社製 Ingenia Ambition 1.5T:1台

当クリニックでは、3台のMRIを保有しています。

MRIとは、Magnetic Resonance Imaging(磁気共鳴診断)の略称です。
強力な磁力と電波を利用して体の中の臓器をいろいろな方向から撮影することができる検査です。

3.0テスラMRIでは1.5テスラMRIと比べ、S/N比(SNR)が2倍向上しています。
そのため高い空間分解能及び時間分解能を得られるようになり、より高精細な画像を短時間で得ることが可能になりました。

1.5テスラMRIも高性能な装置で幅広い検査に対応できる仕様となっております。
3.0テスラMRIと比べ、呼吸や心臓の動きの影響のある臓器の撮影では、1.5テスラMRIの方が優位な撮影が可能です。

撮影部位に合わせてさまざまなコイルを使用して検査を行います。
必要に応じて装置を使い分けることで受診者様の負担を軽減しつつ、クオリティの高い検査を行います。

CT検査

CT検査

【装置】
320列CT ・・・ Canon社製 Aquilion ONE:1台

CTとは、Computed Tomography (コンピューター断層装置)の略称です。
X線を使って体の断面を撮影することができる検査です。その画像をコンピューターで処理する事によって、さまざまな方向で画像を観察したり、血管や特定の臓器のみを3Dで描出する事も可能です。

1度に最大16cm幅の撮影が可能なため、その範囲に収まる部位であればレントゲンと同じ様に撮影することも可能です。
また、心臓の冠動脈検査では従来よりも息止め時間の短い撮影が可能です。

当クリニックでは、『FIRST、AiCE』 というAI技術を使用した逐次近似法を導入しており、更なる画質向上と線量減少を実現しました。
また、『SEMAR』 という金属アーチファクト低減再構成を用いることで、金属の影響を抑えた画像を得る事も可能です。

最新技術を搭載した装置により、受診者様の負担を少なく、なおかつ高品質な画像診断を致します。