電話受付

検診をご希望の方

0120-983-0739:00~17:30

医療機関の方

04-2930-85059:00~19:00(土日祝17:30)

開院時間

9:00-21:00(土日祝18:00)

院内見学・資料請求

当院では、随時、院内見学を承っております。
実際の検査の流れや機器のご説明をさせていただきますので、
医療機関の方々や健康保険組合(事業所)のご担当者様は、是非この機会に御覧いただければ幸いです。
平日及び土日祝日の見学も可能です。

院内見学及び資料請求をご希望の方は、お電話または問い合わせフォームから連絡をお願いいたします。

電話受付 03-5315-0507(平日9時~19時 土日祝9時~17時30分)

お問い合わせ

医療法人 永仁会 Seeds Clinic 新宿三丁目

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目5-6
キュープラザ新宿三丁目3F

プライバシーポリシー(個人情報の利用目的)

友だち追加

友だち追加

電話受付

検診をご希望の方

0120-983-0739:00~17:30

医療機関の方

04-2930-85059:00~19:00(土日祝17:30)

開院時間

9:00-21:00(土日祝18:00)

膵臓の検査

膵臓の役割

膵臓は胃の後ろにある長さ15cm程度の小さな臓器で、食べ物の消化と血糖値の調節を行っています。
膵臓の内部を通る膵管からは膵液が流れており、膵液が十二指腸へ運ばれることで食べ物の消化を助けています。
また、膵臓からインスリンやグルカゴンなどのホルモンを産生しており、このホルモンが血糖値を調整しています。

膵臓の役割

膵臓がんとは?

膵臓がんは膵臓にできる悪性腫瘍のことで、国内では年間約30,000人以上の方が膵臓がんで亡くなっています。
膵臓はとても小さいためがんの浸潤が速く、血管やリンパ管などに入って遠隔転移しやすい特徴があります。
しかし早期で見つかり切除された膵臓がんの5年生存率は、その他の場合と比べて良好です。

膵臓がんの生存率

膵臓がんは増加傾向

膵臓がんは、発見された時にはすでに手遅れであることも多く、症例数に対しての死亡数(死亡率)が極めて高いことで有名です。
部位別ごとに分けると膵臓がんによる死亡率は4位を占めており、近年増加傾向にあります。
また、「沈黙の臓器」と呼ばれるほど症状がでないことから、早期発見が難しいとされています。

膵臓がんの生存率

MRCP(MR胆管膵管撮影)

膵臓がんの診断方法は血液検査をはじめいくつかありますが、その中のひとつがMRI検査です。
特に、造影剤を用いなくても膵管などを描出するMRCPは、MRI検査の際に同時に行うことができます。
また、MRCPは近年増加傾向にある膵のう胞性腫瘍の描出にも優れており、膵臓のスクリーニングが可能です。

MRCP(MR胆管膵管撮影)